法律によって定められている退職のルール

法律 退職

法律 退職について

法律によって定められている退職のルール

近年ブラック企業と呼ばれる会社が増えていますが、労働者はいつでも好きなタイミングで退職できる権利があります。
雇用主側が労働者を解雇する場合は30日前に通知が必要ですが、労働者が会社に届を出してから実際に辞めるまでに必要な期間は2週間です。
これ以上は会社が引き止めても拘束することはできません。
届けを出す時も退職理由を説明する義務はないため、一身上の都合など自由に記しても大丈夫です。
派遣などで働く労働者など契約期間の定めがある場合は原則として期間中は会社を辞めることが出来ないので注意してください。
しかし法律によって、やむを得ない理由がある場合は契約を解除することが出来ます。
このやむを得ない理由にはパワハラやセクハラも含まれています。
パワハラやセクハラなどによって心身に危害が及びそうな場合は、もちろん即時退職が認められるのです。
そして会社が辞めたいという労働者に損害賠償請求などを行うと一方的に告げることは、実際に労働者にそういった事情がない限りは違法となっています。
このように労働基準法によって定められているのです。

アロマの力でリラックス

川崎市で家族葬の料金が最安値の葬儀社

ドライブスルー質屋

突然の葬儀も迅速対応

関連情報一覧

退職に関する法律と申し入れ期間

 通常の労働に関しては、労働基準法などで事細かに定められていますが、「自ら希望して退職する場合」の事

法律を無視した退職強要や責任の押し付けには断固対抗です

色々な会社に勤めると、中にはとうてい納得できない理不尽な要求をする会社があります。
例えば、会

法律上の賃金とは何か

ここ最近、賃金をめぐる労使間のトラブルが後を絶たず、多くの労働者が労働基準監督署に賃金の不払いがあっ