法律を無視した退職強要や責任の押し付けには断固対抗です

法律 退職

法律 退職について

法律を無視した退職強要や責任の押し付けには断固対抗です

画像

色々な会社に勤めると、中にはとうてい納得できない理不尽な要求をする会社があります。
例えば、会社の車を運転中に事故を起こし、けが人はいなかったものの車を破損し、弁償を求められたというケースがあります。
もちろん、車の運転が私用であれば、その責任は免れませんが、業務中であれば、ただちに従業員に賠償責任が生じることにはならないのです。
そもそも会社は、車を保有し、それを従業員に運転させるなかで、収益を得ているわけですから、逆にそのことが損失につながった場合も、損失は会社に帰属するべきものです。
ところが、世の中の経営者の中には、従業員の弱い立場や法律についての無知に付け込み、そうした損失を押し付けるようなケースがあります。
くれぐれも毅然とした態度で主張し、早い段階で労働局や労働基準監督署の介入を求めることが大事だと思います。
また、そのような事情で退職を強要されるならば、それ自体も違法性が高いので、それに対する会社の責任も追及することができます。