会社の退職については法律ではどう規定されているか

法律 退職

法律 退職について

会社の退職については法律ではどう規定されているか

画像

最近は、最初に入社した会社に長く継続して働くというよりは、キャリアアップを目指し、好条件の仕事に就ける様に転職するのが一般的に行なわれています。
そのため転職する場合には会社を退職する必要があるので、法律ではどのようにそれが規定されているかを検討する必要があります。
会社の退職については、労働に関する法律である労働基準法に定められており、原則として労働者が自分の意思で辞めたいと考えた時に、何時でも自由に辞めることが出来ます。
理由についても「一身上の都合」という理由だけでも可能で、詳細な理由を明らかにしなくても良いです。
また会社側が承諾すれば、明日から会社に通勤せずに辞職することも可能となります。
ただいきなりだと当事者間で困ることもありますし、特に会社側にとっては今まで担当していた仕事の引継ぎを要する場合があります。
そこで労働基準法では最低2週間の期間を設けています。
つまり退職届を会社に提出してから2週間は労働者は拘束され勤務する必要があります。
ただ給料計算などの事務の手続き・人員の確保などもありますので、その2週間の期間については、当事者間の合意があれば、別に長く設定することも出来ます。